ITパスポートの試験情報

ITパスポートの情報をまとめるために試験概要を紹介しておきます。

ITパスポート試験概要

1、受験資格
年齢・学齢・職歴問わず誰でも受験することが可能。

2、試験日
例年4月の第3日曜日と10月の第3日曜日の年2回

3、試験会場
全国主要26都市で開催

4、受験料
5,100円(税込)

5、試験科目
●ストラテジ系
情報と企業に関連する科目の学習。
財産や著作権に関する関連法規、経営やマーケティングに関する用語、会計など

●マネージメント系
システム開発やそれに関するマネージメントについての学習
システム開発するに当っての一連の流れ、プログラムやシステムが正しく作動するかのテスト、 作業管理など

●テクノロジ系
インターネットやパソコンの基本的な概要や知識の学習。
パソコンやサーバーの構造、ネットワークについて、セキュリティー、ネットワークなど

6、出題形式
四肢選択式が100問出題。そのうち、12問は、1つの状況設定に対して4問ずつ出題される「中間問題」

7、合格基準
以下の2つを満たしていること。
①総得点(1000点)が満点の60%以上
②各科目それぞれ満点の30%以上

以上がITパスポートの試験情報です。今の段階で覚えていてほしいのが、合格基準です。
合格基準は、どういった勉強をするのかの基準になってくるので、忘れずにいて下さい。

続きは科目別学習ポイント



通信講座特集

フォーサイト

合格するために必要な教材一式揃えてくれる通信講座。その中でも専用スタジオでハイビジョン撮影したDVD講義が特徴!
臨場感あふれる講義は、まるでその場に講師がいるかのようです。他にもフルカラーのテキストや出題レベルを表示した問題集、さらにはe-ランニングも付いてきます。
広告宣伝費や教室を持たないため受講料はお手ごろです。詳しくはコチラ