ITパスポートの難易度と合格率の推移

ITパスポートに独学で勉強するべきかと言う問いに答えるためには、難易度を正確に理解しなければいけません。 まずは、どのくらいのレベルの試験なのか見ていきたいと思います。

  平成24年度 平成25年度 平成26年度
応募者数 17,064人 68,983人 6,289人
受験者数 15,470人 62,848人 67,326人
合格者 6,289人 25,796人 32,064人
合格率 40.7% 41.0% 47.6%
(平成24年度はCBT方式移行後の人数)

実はITパスポートの試験が開始されたころは、合格率は70%ほどもありました。これは初級シスアド試験もそうでしたが、はじめは易しく、徐々に難化していったのです。
ITパスポートの試験もその傾向が見られ、これから難易度が高くなる可能性も十分に考えられます。

また、ITパスポートの難易度を測る上で、応募者数と受験者数の数字も重要になります。
上記の数字をみてもわかるように毎年2割近くの方が、試験に申し込んでも受験していません。
理由は、仕事や家庭の事情が考えられますが、その多くは、勉強に挫折してしまった方だと予測できます。

ITパスポートの試験はそれほど難易度が高いと思われていません。
それゆえ、試験勉強を軽く考える方が非常に多いのです。

試験日まであと1ヶ月だから少し勉強して見ようかとか、焦って勉強しなくても何とかなるというような感じの人ばかりだと思います。

でも、実際に勉強して見ると想像以上に難しく、これでは到底合格できないと挫折してしまうのです。

現在、世の中には多数の国家資格があり、その中には合格率が1桁台の資格も珍しくありません。 そのような資格からみれば、ITパスポートは難易度が低く、合格しやすい試験です。

しかし、国家資格という名の下の試験で、簡単に合格させるようなことはなく、 例え合格率が高くても、試験対策をおろそかにしてはいけないのです。



通信講座特集

フォーサイト

合格するために必要な教材一式揃えてくれる通信講座。その中でも専用スタジオでハイビジョン撮影したDVD講義が特徴!
臨場感あふれる講義は、まるでその場に講師がいるかのようです。他にもフルカラーのテキストや出題レベルを表示した問題集、さらにはe-ランニングも付いてきます。
広告宣伝費や教室を持たないため受講料はお手ごろです。詳しくはコチラ