ITパスポートの科目別学習ポイント

ここではどういった勉強をすれば効率的に進めていけるのか、各科目の学習ポイントから検証していきます。 まずは以下をご覧下さい。

科目 分野 平成21春季出題数 平成21秋季出題数
ストラテジ
(全35問)
企業と法務 17問 13問
経営戦略 11問 15問
システム戦略 7問 7問
マネージメント
(全25問)
開発技術 8問 8問
プロジェクトマネジメント 10問 9問
サービスマネジメント 7問 8問
テクノロジ系
(全40問)
基礎理論 9問 7問
コンピューターシステム 11問 11問
技術要素 20問 22問

上記は平成21年春季と秋季の各分野の出題数を現した表ですが、この数字を見ていくと 皆さんがどのような勉強をしなければいけないのか見えてきます。

まず、最も出題数の多い、テクノロジから勉強をすることがポイントです。
この科目は、パソコンやネットワークなどの基礎知識が問われ、普段パソコンを使う機会の多い、 学生や若い方には理解しやすいはずです。
しかも出題数が一番多く、この科目を得意科目とすることが合格への近道です。

その中でも出題数が最も多い技術要素が重要になります。
技術要素とは、ネットワークやセキュリティなどについてです。

例えば、ネットワークで言えば、どのような構成になっているか、IPアドレスやドメインの構造、電子メールやプロバイダーなどについてです。
セキュリティだと、どのような不正アクセスやウイルスがあるか、又その対策方法について、 ユーザー認証やアクセス管理などについてです。

普段パソコンを使う方なら、一度は聴いたことがある用語だと思いますし、 例え聞いた事がなくてもそれほど深くは問われませんから、しっかりと勉強すれば理解できるようになります。

そして、テクノロジをある程度理解できるようになれば、ストラテジ、マネージメントの勉強をしていくと良いでしょう。

ただし、ここで注意してほしいのは、得意科目は作っても苦手科目を作らないようにして下さい。

ITパスポートの合格基準は、各科目にも最低点が設けられています。
例え、総得点が、満点の6割以上だったとしても1科目でも3割をきってしまえば、そこで 不合格になります。

テクノロジから勉強するといったのは、あくまで効率を考えてことで、それだけを勉強すると言うことではありません。

要は、出題数に応じた勉強時間の配分をすることが重要なのです。
全ての科目を満遍なく勉強することもITパスポートの試験勉強には大切です。

続きは通信講座を受講する場合



通信講座特集

フォーサイト

合格するために必要な教材一式揃えてくれる通信講座。その中でも専用スタジオでハイビジョン撮影したDVD講義が特徴!
臨場感あふれる講義は、まるでその場に講師がいるかのようです。他にもフルカラーのテキストや出題レベルを表示した問題集、さらにはe-ランニングも付いてきます。
広告宣伝費や教室を持たないため受講料はお手ごろです。詳しくはコチラ